読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪女だって生きてる

死ね、そなたは醜い(直球)

知識は何よりも宝になる

各種手続きとか

そして重荷にならない生きていく為の力だ

 

鋼の錬金術師のフラスコの中の小人の台詞です

哲学者の言葉でもありますよね まさに名言

 

 

早速本題です

雇用保険+αについてです とにかく金!金!金!って感じで…

 

この度急にアルバイトを辞めることになった私(今となっては逆に丁度良かったと思っていますが)

この辺りの経緯はまた今度詳しく書こうと思っています 気が向いたらね

 

しかしまあいきなり無収入になるって心身ともにダメージ半端ないんだよなあ

1人暮らしをしている人にとっては更にだと思いますし 貯金がない、借金しているなんて状態だったらもう悲惨

貯金はしないとまずいですよ!(闇金ウシジマくんを読破した感)

 

 

さておき 雇用保険に加入していると、失業した際にハローワークへ申請を出せば失業手当が給付されます

勿論給付を受けるには色々必要なものがあります 金の為にグーグル先生でググって調べてました

そして一通り調べ終わって思ったことは

 

 

雇用保険に加入してたので失業保険がもらえる←わかる

 

必要書類や申請が必要←わかる

 

すぐに給付されない←???

 

 

3ヵ月待たないと給付されない←????WWWwww??WWwww???

 

 

こう思った方が大多数だと思います 私もそう思いました

失業手当には申請してから7日間の「待期」期間と3ヶ月間の「給付制限」というものがあり

その期間の経過後、認定日を迎えて初めて支給されるものなのです

 

しかし!今回私の場合 離職理由コード「23」での申請が通りましたので「待期」のみの7日間で済みました

 

この離職理由コードというのが、3ヵ月間の給付制限をかけられるか否か等、諸々の資格を決定します

詳しくは「離職理由コード」でググって、どうぞ

簡単に言ってしまえば正当な理由のない自己都合退職をすると、失業手当はすぐに給付されません

要約すると、「ちゃんと金の見込みや職探しに余裕があって辞めたんだろ?ん?」と言った感じです や殺ム

 

 

そしてハローワークへ申請に行く際には、持参しなくてはならないものがあります

 

離職票1、2…※

雇用保険被保険者証…※

・印鑑

・写真2枚

・身分証明証

・本人名義の普通預金口座(通帳)

※印のものは退職した会社に用意してもらう必要があります 早くよこさんかいと催促しましょう

 

これらを持参してハロワの窓口で申請に来た!と言えばあとは必要書類に記入して説明を受けて申請は終了です

また後日説明会に参加するよう指示されるので、日程を確認し忘れずにちゃーんと出席しましょう

その説明会でまた色々詳しい説明を受けた後、雇用保険受給資格者証を受け取りひとまず終了です

あとは認定日というハロワ側から指定された日時に、時間厳守で毎月手続きに行けばお金がもらえます 簡単だあね

 

でもちゃんと就職活動をしましたよーという結果を残さないと、もらえませんので注意が必要ですね

その結果をどう報告するのかというと、受給資格者証と失業認定申告書という書類を提出することで完了します

認定日までに最低2回の活動実績が必要です

しかし 認定日にハロワに行くこと自体がその1回に含まれるので、実質1回の活動で済みます

余程のことがない限り大丈夫だと思います

 

 

そして!

仕事を失ったのでもちのロン収入がないです

でも毎月税金や保険料は降ります

その他通信費代などガンガン口座から金が消えてなくなります おじさんやめちくり~

 

しかし失業中においては、国民健康保険減額(7割)が適用されます やったぜ。

そんな耳よりな情報を基に 私は説明会を受けた後、市役所へまっしぐら

手続きに必要なものは、先程の説明会でもらった雇用保険受給資格者証です

 

手続き自体はすぐに終了しました

結果として 反映されるのは今月(10月)分の引き落としからだそうで

本来納める筈だった額から7割減額されるので、既に納めた分が減額した額面を上回っていたらその分は返還されるようです

 

ついで言うと、国民年金も申請すれば免除や納付猶予が適用される場合があるので

市役所の人に聞いてみれば、その場で年金についても申請ができると思います

私は仕事を辞めてすぐ申請を行っていたのでしませんでした

 

ざっとこんな流れだったと思います

記憶を頼りに書いているので、間違っている個所もあるかもしれません 気付いたら直します

 

今思い出した 住民税も減免出来るかもしれないので明日市役所行こう

 

 

 

こういう公的な手続きって いざ成人してその時が来ないと知らないことの方が多いですよね

寧ろ義務教育で学ぶべきことはこういった社会の仕組みだと思っています

道徳の時間に社会の一般常識について教えろよなー頼むよー

 

今の社会は知らないとトコトン損をする時代です 私も損をしている側の人間だと思います

現在はインターネットが発達している分、あとは自分で調べる意欲が有るか否かだと思いますが

昔の人達は一体どうしていたんだろうかと皆目見当もつきません

その分インターネットによって知識や思考が画一化されている感も否めませんが

 

 

長くなりましたが

結局今の状況から自分を救えるのは自分しかいないのです

(世の中には他人の力に頼り、いとも簡単に自分を救える人間も多数いますがね)

だから今は、今まで逃げてきた分、自分で行動を起こさないといけないのでしょうね

 

 

 

というようなニュアンスの文章を昔十二国記で読んだ気がします

新刊が2016年中の完成を予定しているとか言っていましたが まーだ時間かかりそうですかねー?